新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ


【ヨガ】 「コロナ禍が私たちから奪うもの

新型コロナウイルス感染による影響が、私たちの生活を一変させてしまいました。コロナにかかるリスクの恐れと経済の冷え込みよるダメージを受けている中、本当の恐怖は自己の心身の機能が衰えてしまうということであります。このことに気が付かず、自粛で身を守ることに専念してしまうと、運動不足、自然と触れ合えない等により、どんどんそれまで出来たことが出来なくなってしまってしまいます。しかし、そのことに気づいた時では遅いのです。今回のように短期間ではなく、長期に渡ってこのような状況が続いているので、もう体は動きたくなくなってしまっているからであります。

今、私たち人間にとって、何がマイナスなのでしょうか?まずはマスクをしなければならないということでしょう。正常な呼吸ができずに、ますます(すでに姿勢が悪い現代人は呼吸が浅く小刻みで弱い中、)息がしづらく弱くさせてしまっています。また大声もダメ・・、カラオケもダメ・・、さらにおしゃべりもダメ・・。いわゆる発声をすること(しっかりとした呼吸をすること)を抑えられています。弱い呼吸では良い氣も入らず、元氣になりません(逆も同じで、悪い氣を出せなければ、心身は浄化されません)。どうでしょう。大声も出せない、また歌うことができなければ、ストレスも発散できず、どんどん心に要らないものが詰まってしまうことでしょう。おしゃべりができないので悩みも打ち明けられず、自分を追い詰めてしまうことに・・。こうした状況はとても悪い影響を身体に与えていたのであります。呼吸の制限は、自律神経系を乱してしまいます。あらゆる不調(不眠症、頭痛、肩こり、便秘など)、さらに認知症を早めてしまうことになります。ですから呼吸に意識をして、この状況を打破しなければなりません。周りに迷惑をかけないところでは、しっかり呼吸をして、自分を元(正常)に戻さなければなりません。

私自身、今はこのことを強調して、ヨガのレッスンでも、皆さんに意識して頂いています。先日は息をすることの大切さを伝えるのに、人数が多く後ろの方まで強い息の音が聞こえるようにしたため、気が付いたら鼻血を出していてマウスシールドが真っ赤になっていました。(笑)こんなことが最近は続いていますが、(皆さんはそこまで強く行ったらいけません。)ヨガの呼吸法は数多くありますが、まず浄化をするために強く速い呼吸の体を動かしながら実践していきます。そしてだんだんゆっくりと(呼吸数が少なくなるように)吐くようにさせていきます。繰り返し行い、最後にはリラクゼーションを味わい、自律神経が整っているのです。もうマスクをしていた皆さんも(使い捨て)マスクが使えなくなるほどです。そして本来の自分に戻り、元氣を取り戻すのです。今はコロナ禍が私たちから大事な健康を奪います。ですからそこまで意識をして呼吸をコントロールさせなければならないのです。

写真「呼吸を強めるマハットプラナヤーマ」
豆澤 慎司

ハタヨガ「太陽礼拝」の実践で、生氣(自然からのエネルギー)を得る

ハタヨガを実践している皆さん、「太陽礼拝」を行っていますか。太陽礼拝にはいくつかスタイルがあり、指導によって異なりますが、重要なことは太陽からのエネルギーを全身で受け止められるようにすべきだということです。朝起きたら、東に向かって、室内でも窓を開け、しっかり昇ってきた太陽からの生氣を浴びながら実践します。古典的な(シンプルな)太陽礼拝は7つのアサナ(ポーズ)で構成されています。古典的と言っても、古代のヨガには登場いたしません。陰陽で言うと、太陽は「陽」、その逆は「陰」であり、月のことです。ですから「月の礼拝」というのもあります。また太陽礼拝と月の礼拝をミックスしたバージョンの太陽礼拝というものもあります。さらに前後の動作が主な太陽礼拝に対して、身体の側面を伸ばす、ねじりといった動作を加えたアサナを取り入れたものがあります。私自身、オリジナルで「完全太陽礼拝」を考案し、推奨しています。1セット行っただけで、背骨に対して前後・左右・上下・ねじりといった動作は、全身のエネルギーポイント(チャクラ)のすべてに刺激を与えることができます。

さて、太陽とは自然の最大の象徴であり、私たちが存在しているのは太陽のおかげです。私たちが太陽礼拝をする目的は、太陽からの生氣(エネルギー)を頂くことです。言葉でいうのは簡単ですが、実際にどのようにエネルギーを頂くのか?またそれを実感できているのでしょうか?太陽礼拝は連続した流れがありますから、ただ動きだけを意識したり、頑張ってやりきるだけでは、終わった後、心身の変化は感じられないでしょう。

それではどういう意識を持ち、実践すれば良いのでしょうか?太陽礼拝では3つの呼吸(吸う・吐く・止める)をしながら行いますが、吸う時には太陽(自然)からのエネルギーを全身のナディ(エネルギーの通り道)から頂き、吐く時には自己の内側から捨てるべきエネルギー(古い氣、悪い氣、病氣など)を出すことです。(エネルギーを)入れるということは誰でもイメージできますし、そのようにしていると思います。しかし吐きながら内面から出すということは、ほとんどイメージしていないことでしょう。入れるということは、同じように出すということです。そのため、しっかり吐きながら、内側から出さなければなりません。

まず胸前で合掌します(祈りのポーズ)。これは自然への感謝の表れです。自分(心)を無くし、自然に近づき、一体となるために祈ります。形だけの動作では意味がありません。本氣で祈ります。そしてエネルギーの出し入れを繰り返すのです。両手を上げて背中を反らせます(写真)。前面からエネルギーを受け取ります。その後、しっかり吐きながら、両手を床に下ろし、両手足から要らない氣を大地に出すことです。続いて、吸いながら騎士のポーズで眉間から生氣を入れ、吐きながら山のポーズ(写真)で腹部に刺激を与え、両手足から要らない氣を大地に出すのです。またコブラのポーズではスムシュナー管(背骨の中)の下から上へと生氣を流すことを意識して行うのです。こうしてエネルギーの出し入れを繰り返し、(太陽礼拝が)終わった時には自然と一体となった自分がいることを実感できることでしょう。最後の祈りのポーズでも感謝の気持ちで行いましょう。

 ヨガ担当 豆澤 慎司







【ヨガ】 「ヨガ実践により、アジーナ・チャクラを目醒めさせよ!」

アジーナとは、より高いレベルの意識をもつチャクラであります。位置は眉間の後ろにある脳の中の深い場所にあり、

脊髄の一番上のところ(松果体)であります。ただしその位置を正しく感じることは難しいことでしょう。一般には眉間

に意識を集中させます。眉間と松果体との2つのセンターは直接つながっています。※インドでは多くの人がビャクダン

の粉(女性はムクムクという赤い粉)を眉間につけます。なぜかというと眉間から脳幹につながっている神経を刺激し、

常にアジーナ・チャクラのセンターを意識させるためのものです。(宗教的意味とは違います。)

 アジーナ・チャクラは、3つ(スムシュナー、イダ、ピンガラ)のナディ(通管)の合流点であり、3つのエネルギー

の流れがアジーナで合流し、頭頂にあるサハスララへと上昇させるのです。まずはヨガ実践によって、アジーナへのエネ

ルギーを目醒めさせることが必要です。「直観力の眼」、または「第三の眼」とも呼ばれますが、個人が宇宙意識に入る

扉であります。いきなりサハスララとの合一を図るようにしなくてもアジーナを目醒めさせることが重要であります。

(松果体はアジーナ・チャクラと付随しています。また脳下垂体はサハスララに付随しています。松果体と脳下垂体が

 密接につながっているように、アジーナ・チャクラとサハスララも密接な関係にあります。)

 しっかりヨガ実践により、アジーナ・チャクラを目醒めさせて、より高いレベルの意識を持てるようにいたしましょう。

  写真「南インドの思い出」

豆澤 慎司






【ヨガ】 「魂の呼吸」をせよ

宇宙の中に存在するすべて(私たちの周りの自然界のすべて)のエネルギーの総括を「プラナ」と言います。

私たち人間の生命力、また心臓の動き、血流、消化吸収、排せつ、感情、話す聞く、運動・・これらすべてが

プラナの力です。自然界では、氣、エネルギー、光、電気、磁気・・などもプラナの力なのです。



 私たちは生まれてからずっと「呼吸」をしています。この呼吸動作のコントロールによって、身体の動き、

神経系や内分泌に効果的な働きをさせることができます。呼吸をコントロールして、心や人格をコントロール、

さらに自然との調和させることができるのです。

 

 ヨガには「プラナヤーマ」があります。様々な呼吸のテクニックにより、自己をコントロールしていくものです。  

※決して、たくさん覚えるとか、難しいテクニックが出来たら良いとか、目標達成ではありません。

 より積極的にプラナ(宇宙生命力)を取り入れる方法として、プラナヤーマがあるのです。それは意識的に

宇宙生命エネルギーを呼吸する方法なのです。

 生まれてからずっと呼吸はしていると言いましたが、普段の呼吸からは生命エネルギーを取り入れるのは

難しいのです。呼吸をしながら、プラナの理解、そして取り入れようとする意識を持たなければならないのです。

プラナは空気ではありません。その中にある宇宙生命エネルギーであり、エッセンスなのです。そのため、

一心集中して実践しなれければなりません。※一心集中とは、宇宙における全存在エネルギーの根源に対して、

一点集中させることなのです。

単に呼吸のテクニックだけでなく、内面への注意が必要になります。本当に疑念なく理解しており、不動心であり、

全身にエネルギーを行き渡らせるイメージをしながら、十分にリラックスした状態で行うこと。さらに心の完全なる

開放させていることが大事です。一生懸命、力でポーズをしながら呼吸をしていても、ダメだということです。

これを「魂の呼吸」と言います。自分と自然が一つになり、意識した呼吸によってプラナがどんどん入ってきて、元氣

になるのです。



                                      豆澤 慎司






 

【ヨガ】 「外面ではなく、内面から自分を変える」

ハタヨガには、いろんなポーズがあります。そして一つひとつ名前が付いていますね。ただ頑張って体を伸ばそうとしても駄目です。氣を込めて、心がなりきれば、身体が反応し、良い効果が得られるのです。多くの人は、体の外(表)面を氣にしながらヨガを実践します。しかし答えは内面にあるのです。

“氣を込める”とは、呼吸に意識をすることです。ゆっくり深い呼吸をして、お腹に(氣を)溜めるようにすることです。そして「自分が・・」とか、「私が・・」が行うのではなく、(そこには、もう自分はいないのだ!)心を無くして、今、実践しているポーズ(バッタなら、バッタ)になりきることが大事です。そうすれば、自然と体がそれに答えてくれるように反応し、動いてくれます。ただ気持ちよく行えます。呼吸によって、しっかりと正しい刺激を与えることができ、良い効果として表れるのです。

さぁ、こだわりを無くしましょう。決して、形はどうかとか、皆は上手だな・・、もっと伸ばそう・・なんて思って行わないことです。そうすれば、内面から変化が表れ、本当の答えが自分のものになるのです。

豆澤 慎司



前のページ          次のページ