新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ


【ヨガ】正しい習慣を身に付けること

良いことも悪いことも 続ければ“習慣”となるります。

病院に行くことに慣れて、居心地が良くなってしまったら大変です。
いずれ病院に行きたくなって、あちこち痛くなってしまう!
(自動的に動いてしまう体。一旦、習慣になってしまったら、なかなか直すことは難しいのです。)

正しい生活をしていれば、何の問題もないでしょう。
しかし、大抵は無理をしたり、楽なことや便利を選択してしまったり、無頓着であったり・・。

自己を見直し、良いことを習慣にしなければならないのです。
実際に継続させるというのは、(習慣こなるまでは)努力や労力を必要とします。

どうぞ己の氣を高め、正しい習慣を身に付けていきましょう!!

写真「健康スポーツ教室(無料体験会)」

ハタヨガ・気功担当 豆澤



【ヨガ】スーパーコラボ2019(ハタヨガ無料体験)が開催されました!

去る7月6日(土)、市川市スポーツセンター(主催:市川市、ISG国府台)にて、スーパーコラボ2019が開催されました。
梅雨で足元の悪い中にも関わらず、たくさんの方々に集まって頂きました!

このイベントで、ハタヨガ(講師:豆澤)の無料体験を行いましたが、50名(初めての方も多く、ご家族で参加の方もいらっしゃいました)を超す賑わいになりました。

参加した皆さんより、気持ち良かった、スッキリした、楽しかったなど感想を頂きました。
 
ハタヨガ・気功担当 豆澤





【ヨガ】思い込みや勘違いのYOGAをしていませんか?

“YOGA”とは何か?
(世の中には勘違いをさせてしまうようなヨガ指導者も多いので注意が必要です)

①ヨガで痩せる

汗だくになって、ヨガをして痩せる効果があるというが、全く内面を意識することができず、外見的変化をさせるだけです。
通常、ハタヨガを行って、消費したカロリーで痩せるのは大変難しい。

②ストレッチか柔軟体操として行っている

体が硬いから行うとか、柔軟な体にするための手段としてハタヨガをすれば、どうしても力で入り、呼吸に意識がいかなくなる。

③難易度が高いポーズが上級、上達、または完成だと思っている

上手に行うことやきれいに見せようとするヨガを目標にしてしまうと、さらに良く見せようと頑張ってしまう。
結果、アクロバティックなことができるようになっても、怪我をするだけで、心にピュアは生まれない。

④元氣な人、若い人、健康な人がヨガを行うものと思っている

老若男女、誰でも行えるのがハタヨガであり、むしろ病氣の人が真摯に向き合わなければならない。


⑤ヨガを行うだけで、“健康”になれると思っている

ハタヨガをしても後は今まで通りでは、一時的な満足で終わってしまうだけ。 
真のリラクゼーションを味わい、集中、さらに瞑想も行おう。  

ハタヨガ・気功担当 豆澤

【ヨガ】基本(原点)に帰り、ハタヨガの実践をする

本日(6/21)「国際ヨガの日」、「ヨガ初心者体験会」を実施いたしました。
今年3回目となります千種コミュニティーセンター主催事業(市原市)です。
今回は、9名の方に参加して頂きました!

ハタヨガの実践では、次の3つに意識します。

①イメージ ②呼吸 そして③動作です。

ヨガを何度も行うことにより、(たとえば、石の重さで染み込んで漬物を作るように)自然と身につくようになります。
まずは、実践していくことが大事です。

注意することは、ポーズなど外見的なことは後回しにすることです。
重要なのは内面的なことです。
また、うまくやろうとか、完璧にできるように・・などを気にしないことです。
あまり細かい動きまで一生懸命とこだわってやらないことです。

さらに他人の評価も関係ありません。
(ヨガ指導者も上手になることを褒めるより、続けていることを褒めている人の方が良いでしょう。)

ハタヨガは、
①リラクゼーションを味わうこと
②身体を浄化させること(体内の流れを良くすること)
③継続により、心の開花させることができるようになります。

さらに結果を気にしないこと、そして最初から効果を期待し過ぎないことです。
ただ続けることが大事なのです。
最初に述べました3つの意識の「イメージ」とはどんなことをイメージするのでしょうか?

①身体がプラスになっていくことをイメージ・・無理をしないで行っているのですから、体は(痛)気持いいはずです。
②呼吸とともに良い気を取り入れ、悪い氣(病氣や邪氣)を出しているイメージをすること、
③そのポーズになりきる。たとえばカメ、ネコ、イヌ、コブラ、バッタなどに自分がなりきって、実践していくようにします。 

実践にあたり、「心」がいろいろなものに縛られた状態、または背負った状態で行わないようにしましょう。



ハタヨガ・気功担当 豆澤

【ヨガ】生命の根本を刺激させるトレーニングとは

巷では「〇〇に効く!」、「△△にはこれ!」、「ただこれをすればOK!」など、あたかも簡単に行えたり、実施するのは楽しく思えたり、すぐ手に入れられたりと、気軽に簡単に実践できて、夢のような効果があると宣伝しているものが多い。

しかし、これらはあくまでも販売戦略であり、実際には根拠のないものであったり、大げさな表現によるマインドコントロールに過ぎません。 

実際に何かを購入して始めても、中途半端なことや気まぐれな進め方では、時間が経ったら元に戻ってしまうのです。結局、身体的にはマイナスであり、時間の無駄でもあります。

まるでイソップ物語の「ロバを売りに行く親子」の親子のようにしていたら、最後は笑われるだけでなく、身を滅ぼして終わりです。

しかし、「生命の根本に刺激を与え、自分を変えるためにはこれをしなさい!」と言われたら、誰もが耳を傾けるでしょう。

「イメージして、呼吸に伴い動作して自分を変えよ、もちろん無料である」、そして「いつでもどこでもできて、数十分もしたらプラス思考の人間になることも可能だ」、または「最高のリラクゼーションを味わえる」と言われたら・・。

さらに「筋トレも行っているのだ」と・・。

でも、そんな夢のような方法はあるのでしょうか?

さぁ、何をどうしたら良いのでしょうか?

そうです。ハタヨガ(ただし難度の高いものを求めるようなものではなく)と瞑想、または気功(動功と静功)によって、実現することができるのです。

迷うことはありません。自信を持って行いましょう。

ハタヨガ・気功担当 豆澤




前のページ          次のページ