新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > 【ヨガ】パタンジャリの『ヨガ・スートラ』


【ヨガ】パタンジャリの『ヨガ・スートラ』

ヨガのバイブルとも言われる哲学書「ヨガ・スートラ」があります。

これは、(時期について、はっきりではありませんが)紀元300年頃、

パタンジャリという人がまとめたと言われています。

 今、多くの人が取り組んでいるハタヨガ(呼吸を主にしてアサナ

〈ポーズ〉をする)についての記述はほとんどなく、どちらかというと

「悟り」への道を目指す内容になっております。

 8つの枝【禁戒・勧戒・アサナ・呼吸法・制感・集中・瞑想・三昧】

からなっております。

 なおスートラとは、経(つながり)、糸(冊をまとめるときの)と

いう意味です。

 これを読んでハタヨガを実践していけばいくほど、新しい発見や氣

づきが出てきます。全体を把握するためには数回の実践で分かるもの

ではなく、長く続けて、初めて分かる部分も多いのです。まるで夜空を

見上げて、一つひとつの星を知り、それを繋いで星座の形が認識できる

ようなものです。

 ただ、私たちが実践するハタヨガを「ヨガ・スートラ」に書かれている

ような「悟り」までのプロセスを意識して実践をしなくても、日々のヨガ

実践により、心身を健全にさせることができます。

 その上で自分はどうなりたいのか??目標や願いなどをはっきりさせて

おくことも大事です。実践するヨガのイメージをして、(どうなりたいの

か)自己暗示をしながら行い、心身に働きかけていくことは効果的だから

です。いきなり夜空を見て、星座は認識できません。ヨガ実践もゆっくり

慌てず継続させていくことが大事です。

 どうぞ、実践の基本である「無理をしない」、「痛いというところまで

しない」という姿勢で行いましょう。そして身体に耳を傾けて「できる

範囲」で行いましょう。





写真「南インドの子供たちと一緒に」



豆澤 慎司


前のページ          次のページ