新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > 【ヨガ】  「『映画「燃えよ!ドラゴン」』より、「ヨガの実践哲学」を考察」


【ヨガ】  「『映画「燃えよ!ドラゴン」』より、「ヨガの実践哲学」を考察」

映画「燃えよ!ドラゴン」(これはブルー・スリー主演のカンフー映画です)の中のセリフ〈名言〉より、

「ヨガの実践哲学」を考察していきたいと思います。※師であるブルースリーが弟子に話をしている

場面より。
“Don’t think. feel! It’s like a finger pointing away to the moon. Don’t concentrate on the finger,
or you will miss all the heavenly glory.”〈これを直訳しますと〉 “考えるな!感じるんだ!それは
月を指差すようなものだ。指を見ていたら勝利(栄光)はつかめないぞ!”〈となります。〉 事実、
勝利は手段とは何の関係もありません。勝利は空に見える明るい月に例えることができ、手段は、
この場合、指に例えることができます。指は月の位置を指すことはできますが、大事なのは指
ではないということです。指にこだわっていては月を見ることはできません。それぞれが進むべき
目標や結果にたどり着くためには、指を越えてその先の月を見なさい というのがこの教えになる
と思われます。
 私たちはヨガを実践しています。目標や結果を常にイメージして身体を見つめながら実践する
からこそ、達成(成果)があります。目標達成(私が考案しました実践するハピコロヨガの目標設定
は「健康で長寿になるために至る道」ですね)のための手段(ヨガの動作の上手下手)が目的に
なってしまっては、当然ながらうまくいきません。またその形(ヨガのポーズができた!できない!
など)にこだわって頭で考えていたら、本来、見えるべきものが見えてきません。
 ですから、さらに「考えるな!感じるんだ!」となるわけです。     

写真 「「『映画「燃えよ!ドラゴン」』より、ワンシーン」
    
 

豆澤 慎司



前のページ          次のページ