新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > 【ヨガ】ハタヨガ実践の基本の流れを理解する


【ヨガ】ハタヨガ実践の基本の流れを理解する

ヨガは実践であります。今はたくさんの情報がある時代ですが、

知識を得ても、自分にとって必要なものでなければ、無駄であります。



  ヨガはまずはやってみること。そして体で感じる(体感)ことが大事

です。さらに基本プログラムの流れを覚え、できるようにしましょう。

まず座ったままで「完全呼吸法」をしてみましょう。肩の力は抜いて、

肛門は締めておきます。氣を込めるように「丹田」に意識して、深く長い

呼吸を5呼吸してみましょう。呼吸に集中して全身に「氣」を満たして

いきます。それでは基本の流れを確認いたしましょう。まずは緊張して

いる身体をほぐします。手足をブラブラさせたり、体を伸ばしたりして

予備運動(首・肩・胸)を行います。そしてお腹の運動をいたします。



続いて一番下のチャクラ(エネルギーの集まるツボのような場所)

から刺激を与えていきます。腰をひねる+開脚を行い、エネルギーを

目覚めさせます。前半のポーズ(ガス抜き、肩、またはカメ)のポーズを

行い、だんだん刺激を与える箇所を上部に移ししていきます。ネコ(バリ

エーションの足のストレッチなども行う。)のポーズで身体の歪みをとり

ます。またライオンのポーズで“ストレスを発散”もさせていきましょう。

充分に身体もほぐれたところで、胸部に刺激させる赤ちゃんの呼吸の

ポーズを行い、続いて犬のあくび(上向き+下向き)をしたします。腰に

負担をかけず、身体の前面及び後面を伸ばしていきます。

  そして背中側を反らすコブラ、バッタ、弓のボース、反対運動として

身体を前に曲げていく額を膝につける、前屈などを行います。その後、

立って行うポーズをしますが、下半身の強化(椅子、スクワットなど)や

バランス(三角、英雄)などを向上させるポーズを実践します。

  さらに逆転のポーズとして肩倒立、鋤、魚のポーズを続けて行います。

最後の仕上げは、ヨガムドラ(締め付けて体内の流れを促進)や

プラナムドラ(氣を体内に取り込む)などをしてリラックスします。

以上のように、ヨガ実践にあたって基本の流れを理解して行っていく

ようにいたしましょう。



写真 「様々なポーズで刺激を与える」

ヨガ担当 豆澤 慎司











前のページ          次のページ