新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > ハタヨガ実践の進め方


ハタヨガ実践の進め方

アサナ(ポーズ)は、自分にとって“ピタッ”と当てはまるところに
持っていき、呼吸によって刺激を与えて、感じていくことが大事です。
 それは“痛い”でも“氣持ちいい”でもなく、“痛氣もちいい”ところです。
 自分にとって「痛氣もちいい!」と感じるところでポーズを保持しましょう。
人によってそのポイントが違いますから、必ずしも同じ形にはなりません。
完成までのイメージを持ちながら、その過程で、どこか「ピタッ」と
当てはまる部分があり、「ああ、この形が痛氣持ちいい部分だ!」と分かるはずです。
そこ(「可動域の限界」というような状態)までとして、その状態のまま、呼吸によって刺激を与えていきましょう。

※決して、「心」の限界の手前で止めないことです。身体に刺激を与えているわけですから、体に耳を傾けて答えを出しましょう。

さらにリラクゼーションを味わうために、(レッスン中は)頭の中で何か考えたり、
一つひとつポーズの後に「できた」とか「できなかった」など思わないことです。
心が揺らいでいては、リラックスすることは絶対にできませんから、是非(集中していき)「スッ~」と氣持ちを切り替えていきましょう。
そしてゆっくり深い呼吸をして、“リラックス”していきましょう。


写真 「バナナの葉っぱを皿にして頂く(南インド) 」


ヨガ担当
豆澤 慎司


前のページ          次のページ