新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > 【ヨガ】 「ハタヨガは、呼吸が“主”である」


【ヨガ】 「ハタヨガは、呼吸が“主”である」

普段の呼吸は、意識をせずに行っています。「無意識」に呼吸を

している(不随性呼吸中枢(脳内))ということです。また、「さぁ、体を

動かそう!」とか、「スポーツ(レクリエーションや趣味なども)をしよう!」

と言った時、「呼吸をしよう!!」とまで、意識をしていないでしょう。

  しかしハタヨガを行う場合は、(意識的に「運動神経系」によって、)

呼吸をしながら実践していきます。



①「呼吸に伴って、身体を動かす」 → (心の働きで動かすのではない!)

身体を呼吸に従わせること。

②「呼吸の波に乗って、体が動く」 → しっかりとした呼吸をしなければ、

伸びたり緩んだり身体が動かない。

③「呼吸が身体に刺激を与える」 → その形(ポーズ)よりも、呼吸を

しっかり行うことによって、直接身体に刺激を与えるのです。



   ポーズ中、力で動かし、頑張れば頑張るほど体は反発してしまい、

  戻る力が働き、身体は無理をして、限界を超えた状態になってしまいます。

   自分にとって“そこまで”という加減があるのですから、無理をしては

  いけません。ハタヨガの(私の)レッスンでは、いろいろなポーズを一つひとつ

  実践していきますが、一つのポーズは概ね(ゆっくり数えて)10カウント位です。

  時間にして10秒~15秒位ですから、実際には我慢して息をしなくても

  出来ない時間ではありません。しかし(もちろんバンダという方法〈締め

  付け〉をする場合もありますが)、それで柔軟性が高まるわけではあり

  ませんから、ゆっくり深い呼吸を行いながら、進めていきましょう。もう少し

  長めに保つのも (ポーズの時間をもっと長くさせて保持させることによって、)

  効果が、より高まります。

   もし長めの時間になるとキツイとか、苦しい、またはうまくできないというのは、

  身体的に無理をして行っている証拠です。呼吸に意識を戻しましょう。



どうぞ、身体の刺激を与える部分(呼吸器系や内臓系など)は力を抜いて、

しっかり呼吸をしていき、(意識をした呼吸によって、)刺激を与えていきましょう。



写真 「スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ生誕150周年記念祝賀会に参加 」

豆澤 慎司




前のページ          次のページ