新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > 【ヨガ】  「一つ一つ丁寧に行うことが、最大の効果を発揮する」


【ヨガ】  「一つ一つ丁寧に行うことが、最大の効果を発揮する」

ハタヨガを黙々と淡々と、そして一心(無心)に実践していけば、

氣血は流れていき(陰陽のバランスも整い)、滞ることなく体中を

巡ります。自然に従い、理にかなっていれば、最大の効果が発揮

されるのです。

 独学では、実践方法を理解することが難しいでしょう。ですから

正しい指導を受け、しっかり(何度も繰り返し)行い、マスター

いたしましょう。



 それではハタヨガを実践する際、どんなことに注意してすれば

よいのでしょうか?

①実践するアサナ(ポーズ)などの「イメージ」をする。そして

その名前を理解し、それになりきるように行う。

②「順序・流れ」を覚える。上下・前後・左右などのバランスを

均一にしながら、動作するように心がける。

③「呼吸」に伴って、動作する。吸う時には伸びていき、吐く時に

緩んでいく。

④刺激を与えている部分は力を入れず、さらに呼吸によって

「刺激」を与える。

⑤刺激の与えている部分に「意識」をする。

⑥考えるのではなく、「感じていく」こと。体感していくが肯定的な

感じ方をしていく。

⑦「氣血の流れ」を感じていく。動作には余分な力を入れず、

一つ一つメリハリ(交互に緊張と弛緩)をつけながら、終わる

まで途切れないように進めていく。



 以上のことを、一つ一つ丁寧に体で覚えていき、スムーズに行う

ことができるようになれば、「氣づき」が生まれ、潜在意識に入り、

自然と良くなっていくのです。



 さらにハタヨガを実践するということは、ただ、「今の自分を

感じる」ということ。いろんな思いが心にあって、残っていたり、

引きずったままでは、感じるべき心はここにありません。例えば

食べている時、何か見ていれば(聞いたり、おしゃべりしながら

では)食べ物の味は分かりません。これと同じです。ヨガの最中、

他のこと(これまでのこと、これから先のことなど)に氣を取ら

れたりせず、今の自分に意識して感じていきましょう。体への

刺激は適切か?どのように与えているのか?痛氣持いと感じて

いるか?呼吸はどうか?・・・など。

 脳(心)で答えを出そうとしたり、考えるなど働かせようとする

必要はありません。

  もちろん、感じるということができるのは、脳(心)です。

 同じ心でも、“働いている心”と“ただ見ている(感じている)

 心“とは違います。ヨガのレッスン中は、ただ今の状態を見つ

 めるだけなのです。そうなれば、体は自然に戻り、良い氣で満た

 されて

 いきます。気力も湧いてきます。

  

  答えは心ではなく、体が教えてくれるのです。



写真 「時には力を抜いて」

豆澤 慎司

前のページ          次のページ