新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > 【ヨガ】「どこまで、できれば良いのか!?」


【ヨガ】「どこまで、できれば良いのか!?」

ハタヨガを実践して、誰もが氣になることは、自分の身体の「硬さ」です。

実際、体が硬くて良い訳はありません。人間以外の動物は、必要な動きを

するために、上手に筋肉を使い、骨格を動かします。そのため歪みもなく、

バランスのとれた状態でいます。ですから、身近な動物の“犬”、または“猫”

にしても、自分の体を最大限に活かして動かしています。

 ですが、彼らは別に両脚が180度まで開脚させたり、自らがそこまで

開こうと努力はしません。どこまで機能的にしっかりしていれば良いと理解

できれば、無駄なことはしないのです。せかせか動き回るより、のんびりと

していたほうが良いと判断すれば、じっとしているのです。

 さて、私たち人間はどうでしょう。特に現代の日本は、便利で楽な社会の

システムに溶け込んでしまいそうです。いくら柔軟性を持つ人でも、やはり

便利さに甘えてしまいますが、できることは自分で行い、身体は日常生活で

支障がないよう(最低限)機能的に動かしていくべきです。怠けず、普段の

動きが、きちんと機能していれば良いのです。

 逆に日常生活に支障がなく、最低限に生活できれば、両脚が180度も広がる

ことは必要ありません。本来、ハタヨガでそれらを求めるようなことを指導者が

してはいけません。そういうことに固執(執着)する(させる)のは、単に「心の欲」

でしかありません。

 どうぞ無理をせず、少しずつポーズが出来るようになっていく過程を楽しみ

ながら、また体が軽く元氣になっていくのを喜びに、継続させましょう。

写真「チャイとスナックで一休み」

豆澤 慎司




前のページ          次のページ