新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > 【ヨガ】 「“未病”の段階で、予防の対策を!」


【ヨガ】 「“未病”の段階で、予防の対策を!」

健康と病氣の間は、何というでしょうか?昔は「半健康人」とか、「半病人」などと言って

いましたが、東洋医学では“未病”(約2000年前の「黄帝内経」に記述されている)と呼ば

れています。我が国の病院のあり方は西洋医学が基ですから、(日本の学会でも取り込

めないため)「未病ですね」と絶対に言いません。「なんか、おかしいなぁ・・」と思って病院に

行っても、実際に自覚症状も他覚症状もなければ、“一応、健康である”と診断されて終わり

です。

 よく〇〇症予備群(〇〇とは、高脂血症、動脈硬化、肥満、骨粗鬆症など)やメタボリック

シンドロームと検診などで言われることがありますが、この段階で何らかの対処をしなければ、

病氣(症状が出る)になってしまい、後戻りできなくなってしまいます。

  それでは、どういった時に、どう判断して予防(現代は『病氣予防』の時代)をしていけば

良いのでしょうか?自覚症状まではない段階で、何らかの自覚(身体からのサイン)はある

でしょう。もし、ご自分の“未病”的状態を把握することができれば、早めに対処することが

可能ですから、今、自分の体はどんな状態なのか?と、常に身体に耳を傾けてみることが

大切なのです。



 【未病と思われる身体の変化~5つのキーワード~】

①疲れ・・・疲れやすい、だるい、疲れが取れない、バテ気味、とてもしんどい・・・など

②食欲・・・食欲がない、食べたいものがない、量が減る、食べたくない・・・など

③睡眠・・・食べるとウトウトする、いつも眠い、しっかり眠れない、眠りが浅い、寝つきが

       悪い・・・など

④風邪っぽい症状が続く、いつも風邪気味である、風邪がなかなか治らない、いつもスッキリ

  していない・・・など

⑤夜に、手足がほてる・・・など

  ※明らかに一日中、スポーツをして疲れたとか、はっきりした原因(心配事など)が出来て

しまって眠れない場合などではなく、普段からそのような状態が続く時には“未病”と判断して

よいでしょう。

なお、注意をしなければならないのは、様々な情報を入れ過ぎて不安を感じてしまったり、

身近な人に聞いて、「同じような状態だ」と言われ、安心してしまうことは良くありません。

あくまでも自分の体を知っているのは自分自身であり、「代替的(ハタヨガや気功によって)

対処をして、自然治癒力を高めていけば良いのだ!」と、思わなければならないのです。

写真  「犬のあくび(上向き)の実演:中医師研修中(北京)にて」      

豆澤 慎司



前のページ          次のページ