新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > 【ヨガ】体に氣を通す(ハタヨガ・気功)実践中の『心』の置き所


【ヨガ】体に氣を通す(ハタヨガ・気功)実践中の『心』の置き所

ハタヨガ実践により、「氣(生命エネルギー)」を頭に上げ、全身に巡らすこと。
また気功実践により、百会・労宮から天の氣を入れる。
身体と自然と交流させて、労宮・湧泉から邪氣を地に出すこと。

その時、「心」は丹田(臍の下)に下げ、平常心・不動心であること。

頭に自分『心』があれば、欲が出て「力」が入ります。
丹田に自分『心』を置けば、身体を意識するだけです。

普段、自分の心が頭(脳)の辺りにあれば、感情的になり、自己中心的になります。
自分の心が胸(心臓)の辺りにあれば、相手を受け入れ、愛情で接します。

さらに自分の心が下腹(丹田)の辺りにあれば、心が静まり、平安常心でいられます。
ハタヨガや少林寺気功実践中も同様です。

頭に自分が居れば、(心が働き、)人を気にしたり、自分の外見を気にしたり、欲でポーズをしようとしたり、苦手なのは避けようとしたり、「きつい!苦しい!」というところまで頑張ってしまったり・・。

しかし、丹田に自分が居れば、(心の働きはなく、)そこから身体を動かしたり、呼吸をしっかり行い、刺激を感じたり、気血等の流れを感じたり、スッキリしたとか、気持ちよかったと感じることができるのです。

写真「陰陽逆転」



豆澤
前のページ          次のページ