新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ > 【ヨガ】私たちの心の中身


【ヨガ】私たちの心の中身

ハタヨガ実践の時、誘導を聞きながら、(実際には聞かず)“記憶”によって体を動かしてしまう人がいます。
自動操縦のように、今を感じてしているのではなく、「脳」の命令で手足を動かしてしまうのです。

それが正しい動きであれば良いのですが、間違って覚えていたり、独自の(やりやすい)やり方に変わってしまう場合もあります。
どんどん自己の記憶で行ってしまうと、やり過ぎてしまったり、身体を痛めてしまう結果となりやすいのです。

さらに手足だけが先に動いてしまうというような癖もついてしまいます。

自分の心をよく観察して分析してみましょう。

「感覚(五感)」からの情報に頼ってばかりでないか?「思考」はどうですか。
心は不安、気まぐれ、疑念、考えすぎ、または悩んでしまったり・・。

考えるのではく、感じることが大切です。

先ほどの「記憶」。印象、思い込みなどから答えを出そうとしてはいけません。

「自我、エゴ、欲」が強くありませんか。

常に自分が!私が!と主張してしまったり、自分は正しい、あなたは間違っていると判断したり・・。

また「感情」が先に出てしまってもいけません。
怒り、恐れ、悲しみ、憎しみ・・。

さらに「知性(知識)」で行っても問題があります。

それには限界があり、自分の知識だけでは答えは出ませんから。

ハタヨガ実践中、今の自分(体)を感じるのではなく、常に心が動いてしまっては、いつまでも良くはなっていかないのです。

なお、どんどん難しいポーズをしようと頑張るのではなく、正しい姿勢を保てるように、金剛座(正座)や蓮華座(結跏趺座)ができるようになり、安定した状態で保てるようにいたしましよう。
金剛座はヨーギー(またはヨーギニー)に成功をもたらすと言われ、蓮華座によりあらゆる疾病が破壊されると言われます。


写真「金剛座(正座)と蓮華座(結跏趺座)」





ハタヨガ・少林寺気功担当 豆澤

前のページ          次のページ