新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ


【ヨガ】ヨガは実践である!

 ヨガを実践する場合、独学での習得は難しいでしょう。
 いくら情報に満ち溢れた時代だとしても、ただ知識をたくさん得て理解しただけではいけません。
 正しく実践していかなければ、それはヨガをしているとは言えないのです。

 一般に「指導すること」を
  (1)teach、または(2)coach と言い方が大きく2つあります。

 (1)のティーチの場合、『教える』という立場から一方的な指導のあり方ですね。
 (2)は、(言葉の語源として)『馬車』で相手の望むところまで送り届けるという意味が
 あります。ですからコーチ(コーチング)は、「相手の自発的な行動を引き出していく」
 ということであります。

 受ける側が、「知りたい、学びたい、習いたい」という意識でティーチされたいのか、
「自分が目標に向かっていけるように導いてほしい」と考えてコーチされたいのかで、自分に合ったスタイル、または指導者を選ぶことになります。

 そのため、(ヨガの場合も)
  「趣味や勉学、またはポーズなどの上達」などのためであれば、(1)の指導を選び、
  「自らの健康のため、ヨガによって自分を変えたい」などのためであれば、(2)の
   指導を選ぶべきです。それぞれプログラムや進め方などが変わってきます。
   これがマッチングしていないと、双方に違和感が生じてしまい、続きません。

※指導者も、相手が何を望んでいるのかを把握して、指導する必要があります。
もし、受ける側が「健康」を意識し、心身ともに健全となることを望み、その手段としてヨガを選択したのであれば、指導者はヨガの本質をしっかり伝え、本人の実践によって、体得していけるよう指導(コーチング)すべきです。決して一方的な指導ではいけません。

 実際にヨガを受ける人の中には、「『健康』になりたいから」と考えている方も多いことでしょう。

 さぁ、皆さんは健康になりましたか?
 しっかりコーチングしていただけましたか?最後は自分の願う方向へと進んでいると感じましたか?

 しかし、あくまでも実践するのは受ける本人です。あれこれ欲張った姿勢で取り組んではいけません。
 
 毎回、ヨガを実践した後、どう感じたか自己を見つめてみましょう。

 もし健康(心身ともに健全になりたい)と思ったなら、次の6つを目安として、実践を振り返りましょう。
 
①身体に「疲れ」や「だるさ」 、また「不快感」など残さず、氣持ちよく行えたと感じる。
  → 実践中、頑張ってやり過ぎないこと。また求め過ぎないことが大事です。
  →→ ヨガにおいて、ポーズの出来具合は関係ありません。力で行わないようにいたします。

②姿勢が良くなるので、身体が軽い、またむくみが取れてスッキリしている。「上虚下実」の状態である。
  → できるものだけやるとか、苦手なものに対して手を抜かないこと。必ず反対運動のポーズも行うこと。
  →→ だんだん独自のスタイルになったり、ごまかしながらやっていかないことです。

③お腹が空いて、なにを食べてもおいしいと感じる。
  → だからと言って、美食にしたり、多食とならないようにする。身体は、少なめの粗食で十分なのである。
  →→ ここが分かれ道です。毎回(ヨガの後)、おいしい物ばかり食べる習慣がついてしまったら、かえって逆効果です。

④不安や心配事、またイライラやストレスなどが解消されて、積極的思考になり、物事を受け入れやすくなっている。
  → 今までモヤモヤしていたことが、霧が晴れるようにイメージして実践していくこと。
  →→ 呼吸に意識して、”集中”し実践していくこと。外の世界に意識していかないこと。

⑤その日はぐっすり休む(寝る)ことができ、次の日の朝も氣持ちよく起きれます。
  → 夜、寝る前までに、体内のバランスを崩さないように過ごすことも大事です。ヨガの後、すぐにシャワーを浴びたり、他のトレーニングで疲れさせないこと、またお酒を飲むなどして刺激物を与えないようにいたしましょう。
  →→ さらに良い氣が身体中を巡っていくようにして、穏やかに過ごすこと。

⑥排出(便の排泄)がスムーズになり、よい形で臭くない「便」になる。
  → 普段から、”食べる”より”出す”を意識した生活を心掛けること。
  →→ 食べて、咽喉元を通ったら、後は内臓に任せ・・・さらに、出ていくものに「知らんぷり」ではいけないのである。

 さぁ、ヨガに集中し実践して、『健康』にスイッチしていきましょう!



ヨガ担当          


豆澤 慎司

【ヨガ】『平安常心』で生きよう!

  前回、「心のあり方」を変えるためのメカニズムを簡単にお話しいたしました。
それは「脳」の表面的な部分の働きではなく、意識が深いところまでいくように、
ハタヨガを”集中”して実践していけば良いというものでした。
 ※通常、集中というと、ゲームをしていて集中している人もいれば、食事をする
ことに集中している人もいるでしょう。しかし、こういった場合、自己の内面ではなく、
外側に意識が向いているため、表面の意識が働いています。また、スポーツなどの
試合も勝つことに集中して行っているため、潜在意識で戦っているわけではありません。

動きあるもので、「心のあり方」を変える可能なものとしては(ハタヨガ以外では、)
「気功」などがあるでしょう。また動きがないものでは、「瞑想(座禅)」などがあります。
 ただし、それらの実践によって、自己の内面に意識が向けられるような「集中」をして
いくことが条件ですから、(ハタヨガも)一般的な指導方法の場合、実践中、一つひとつ
ポーズにこだわってやったり、また頑張ってしてしまうと集中して行えませんから、指導に
よっては、深いところまで入っていけないため、心を変える(健全で平安な心になる)ことは
難しいでしょう。

 さて、「集中」していっても、自己暗示を行う、または良いイメージをしていくなどをして
いくこと、さらに身体を見つめ、体からの声を聞き、感じていくというのは、やはり脳の
表面での意識ではないかという疑問が出てきます。そう、心(脳)がなければ、感じて
いけませんから・・・。

 それでは、どんな意識をして「ただ感じていく」のでしょう。

 それは、まるで夜、湖面に映し出された光輝く”満月”を見ているような状態です。

  まず、満月は光を放っているように見えますが、実際そうではありませんよね。太陽の光が
月に反射しているだけです。このように身体で感じたもの(太陽の光)を心(月)に映し出して
いるようにさせるのです。
 さらに湖面に月を映し出すためには、風が吹いていたり、波があったら、月だかなんだか
分からなくなります。ですから、静まり返ったような水面、また揺れていない湖面であることが
大事です。このように心の中の記憶や経験、好き嫌い、または善悪などの判断などしたり、
色メガネで通してみるようなことはせず(心の働きをせず)、体からの声を聞いて、感じるように
いたします。

 しっかり感じようとか、もっと感じられるよう頑張ろうなどせず(何も考えず)、ただただ心に
映し出していきましょう。こうした継続が、心を変えていくことにつながり、いつまでも自分自身が
平安でいるような状態、「平安常心」でいられます。

現代は、常にイライラと感情的になったり、キリキリとストレスを感じたり、カッカッとすぐキレたり・・・。
どうでしょう。身の周りには、自分自身をコントロールできない人がたくさんいるのです。
いやいや、それはあなた自身かも・・・。

 皆さん、「平安常心」で生きましょう。どうぞ、”自然と一体”となれるようハタヨガを実践していきましょう。

 なお、湖面の満月を本物の月だと信じて、追いかけるようなことはしてはなりません。
 それは、ただの幻想ですから・・・。この世の中、本質から離れたものがたくさんあります。
 そういうものに惑わされたり、騙されたり、迷わされたりしない生き方をしていきましょう。


写真「今宵は満月」(撮影2016.3.23)


ヨガ担当          


豆澤 慎司

【ヨガ】”緊張”と心のあり方

 人生において、「ここぞ!」という時、または初めての〇〇・・・などという場合がありますね。
テストや試験、受験、試合、発表会、面接、プレゼン、お見合い、はじめての海外旅行・・・など。
このような場面においては、通常、誰でも”緊張”をすると思います。
さぁ、どんな緊張をしているでしょうか?

 緊張している状態は、「良い緊張」と「悪い緊張」に分けられますね。

 【良い緊張の状態】
   ・身体にプラスな刺激を与えます。活性化につながります。
   ・ドキドキしながらも、ワクワクしています。
   ・「よし、やってやるぞ!」と氣合いが入っており、テンションが上がっています。

 それに対して、

 【悪い緊張の状態】
   ・身体にマイナスな刺激を与えます。消化器系などがダメージを受けます。
   ・ドキドキ、さらに心臓がバクバク、冷や汗も出ます。
   ・不安になったり、心配したり、本来の自分を発揮できず、氣分も落ち込みます。

  どうでしょう。大事な場面で、あなたはどちらの”緊張”状態になっているでしょうか?

  どちらかというと、良い緊張は、自らが〈成長のために、または楽しむために〉作っている緊張感であり、悪い緊張は、〈その場から逃げたいような、または望んでいない〉嫌な状況における緊張感にも思えます。
「いざ!」という時、失敗をしないためにも、また自分を見失わず100%発揮できるように【良い緊張】でいたいものです。
そのためには、心のあり方を変えればいいだけのことでありますが、なかなか難しいものです。

  なぜ簡単にいかないのでしょう?

  私たちの「脳(使用しているのは一部分)」は、通常、表面的な意識の部分を活動させていますが、心のあり方を変えると言った場合、この表面的な部分で、いくら思考しても変えられません。
  深いところ『潜在意識(心の奥深い層にひそんだ意識)』に入り、コントロールさせるとか、暗示をかける、また良いイメージをする、さらには能力を開発させるといったことをしていくと、だんだん心が変わっていくのです。


  自分自身に「健康かどうか?」と自問した場合、大半の方は「健康ではない」と思っています。
しかし、身体的にも、精神的にも、または社会的においてもすべての条件がパーフェクトである人と
いうのは稀でしょう。そうすると誰一人、健康ではないということになってしまいます。
実際には、たとえ病氣であっても、それを”苦”とせず、プラスに生きることができる人であることが
大事です。そのためには、創造的方向に、プラスに向かっていく行動力を持つことが大切です。

 ですから、「健康」とは、心のあり方(どう描いていくのか)でプラスにも、マイナスにもなるのです。

 さぁ、心を変えれば、良い緊張で失敗がなくなり、人生が楽しくなります。さらに、より積極的になり、健康で、人生が幸せになります。

 心を変えるためには、潜在意識に入っていく必要があります。さらに奥深く入っていくためには、
無心になる必要があります。

 問題は、「どうしたら潜在意識の部分に入っていけるか?」ということですね。

 実はヨガの実践を「集中」して行えばいいのです。思考(雑念やこだわり等)を止め、呼吸を意識
して行えば、表面的な意識から潜在意識に入ります。

ですから、ヨガを集中して行えば、心を変えることが出来るのです。
心が正しくなれば、表面的な意識で現れたもの(くだらないもの等)に興味を示さなくなり、いつまでも「健康」でいられるのです。
さらに「瞑想」状態に入ることができましたら、心を無にしていくことも可能でしょう。

ヨガの実践中、形〈ポーズ〉の細かいことばかり氣にしていたり、身体が柔らかいとか硬いなどと、いつまでも言っているようでは、表面意識の部分でしかなく、ヨガによって心の快楽を求めているにすぎないのです。


ヨガ担当          

豆澤 慎司

【ヨガ】自然療法としての力をハタヨガで

 世界の中で、我が国の「社会環境」は他国より、とても安全で暮らしていける国と言えるでしょう。一方で、日本には四季があり、地震や台風、また積雪などのによる自然災害が多くあるため、
「自然環境」はとても厳しい国であると言えます。
 このように厳しく過酷な自然環境にも、己を順応、または適応させていかなければならず、常に
『健康』を維持していくということは、実は大変なことなのです。

一人ひとりが、四季の中、その土地に合った自分なりの「養生」のしかたで、体調を整え、
管理していく必要があります。
最近では、どこにでもドラックストア〈医薬品の他、健康食品や健康グッツなどのあるお店〉がありますね。
常に変化していく「自然環境」の中、自己の身体を守る対策として、ドラックストアに行って、医薬品やどっさりと健康グッツ、またはサプリなどたくさんの健康食品を買い、「これで安心だ!」という人がいます。自分の健康への対策は、すべてこれらの商品に任せているという状況です・・・。

 私たちの多くは、自分自身を「健康だ!」と言いきれず、「半健康状態」、または消極的に「半病氣の状態」であると感じています。そして「病氣」になってしまえば、医者〈西洋医学〉に頼って、薬を処方され、飲んで・・・となります。
今や二人にひとり、ガンになる時代です。また大半の方は生活習慣の乱れから「病氣」(生活習慣病)になります。
たとえば、病院におけるガン治療は、体そのものを治療してくれるわけではありません(主に対症療法です)。

現代の日本では、「ヨガ(通常、ハタヨガのこと)」が普及し、多くの方に親しまれています。古代インドから続く「アーユルヴェーダ」の療法の一つとしてもハタヨガが実践されています。
ハタヨガには、薬のような副作用がありませんから、”自然療法”(補完、または代替療法とも言います)の一つです。
・・・西洋医学のような病氣そのものの症状や変化ばかりにとらわれず、根本的な原因に対しての治療をするという一つの手段のことです。
「アーユルヴェーダ」は、健康でない人(半健康人、または半病人や病人)を改善する方法がしっかり確立しています。長い歴史が物語るように、西洋医学よりもエヴィデンス(科学的根拠)の高いといえる療法なのです。

ハタヨガは、歴史の古い(古代インドから続く)、信頼性の高い自然療法とも言えるのです。
実践すれば、自己免疫力は高まり、「自己治癒力」や「自然治癒力」により、常に健康でいられるのです。
そうなれば、ドラックストアでたくさん買わなくても済み、経済的であり、シンプルに生きられます。

 皆さん! 太陽を浴びれば、身の周りのものは除菌効果が高まります。
身体も日光浴でビタミンDも摂取できます。
目の前の商品に踊らされるのではなく、先人の智慧を活かしましょう。


ヨガ担当          


豆澤 慎司

写真「ガンジス河での平和の祈り」

【ヨガ】呼吸一つで自分が変わる

 ハタヨガを実践した人は、ヨガは呼吸が「主」であり、呼吸に伴って動作やポーズの保持を
していくことが大事であることを理解しています。
しかし、普段は意識して呼吸をしていませんから、いざ、レッスン中でも「ゆっくり吸って、
吐いていきましょう!」、「吸いながら、両手を上げて・・・」など誘導を聞いて行おうとすると、
意外にも難しいことが分かります。

さて、「呼吸」はどのようにして、身体の中で呼吸運動調節されているのでしょうか?
たとえば心臓の場合、心筋の細胞によって規則正しく活動を行っていますが、呼吸筋には
同様の(ペースメーカーのような)細胞はありません。「呼吸」は、脳【不随意性中枢(延髄と
橋にあります)】から司令されて無意識にも働いているのです。
 
また普段は、呼吸のしかた、体勢・状態によって自然と「腹式呼吸」になったり、「胸式呼吸」に
なっています。しっかり意識をして横隔膜を下げるように呼吸を行えば「腹式」になり、逆に
前かがみの姿勢でパソコンやゲームなどをしている時は、浅く弱い「胸式」になっていることで
しょう。

ハタヨガにおける呼吸は、どう意識すべきでしょうか。もちろんたくさんの呼吸法が存在して
いますから、それら一つひとつ「呼吸」の実践方法は異なってきます。
通常、ヨガの実践は、ポーズで身体に緊張を与え、続けて弛緩させて体内の流れを良くして
いきます。
その交互の運動が、最後には『体の浄化』、そして『リラクゼーション』を味わえるのです。
その時は、ヨガの完全呼吸法(腹式+胸式)の実践による呼吸を意識し、〈ゆっくり深い呼吸〉を
していくのです。

それでは、どんなふうに〈ゆっくり深い呼吸〉をしていくのでしょう。

  呼吸には、吸う・吐く・止めるの3つがありますね。
緊張を与えていくため、ポーズを行う時、〈動作・保持・そして動作〉という過程があります。

  【緊張を与える時の呼吸】
     吸う → 止める → 吐く という意識の呼吸をしていけば、”吸う”ことにより意識がいき、
   鼻呼吸に依存度が高くなり、しっかり全身に酸素を行き渡らせて、内臓系に刺激も与えら
   れます。(最高血圧も上がります)

  それに対して、弛緩させる場合、楽な状態(仰向けになったり、うつ伏せになったり・・・)になり
ますが、どう意識して行うべきでしょうか? 
  
【リラックスさせる時の呼吸】  
吸う → 吐く → 止める(ゆるやかに止まっていくような・・・)と、緊張を与える時とは意識を
変えて、呼吸をしていくことが大事です。”吐く”ほうに意識し、ゆっくりとお腹と胸が滑らかに
萎んでいくように吐いていきます。まるでゆるやかな傾斜でスキーをしていて、いつのまにか
平坦なところで動きが止まっているようにしていきます。吐くごとに全身の力が抜けていくのが
わかるでしょう。(鼻呼吸の依存は低く、血圧の上昇がゆっくりとなり、血圧も下がっていきます。)

このように呼吸一つで、全身に緊張を与えたり、リラックスしていくことができるのです。
いずれにしても、しっかりとした〈ゆっくり深い呼吸〉の完全呼吸法実践により、多くの酸素を取り
込むことができるので、身体に良い効果をもたらしていくのです。

ハタヨガ実践の最大の目的は、全身に”氣”の流れを良くして満たしていくこと(元氣になること)。

己の”氣”の流れを阻害するのは、散漫とした「心」であり、ストレスを抱えた「心身」によるもので
あります。そのため緊張を続ける「身体」、さらに体内では無駄なエネルギーが消費され、消耗
して疲れてしまうことに・・・。

頑張らない。欲張らない。これが大事です。
どうぞ、日頃からリラックスできるような〈ゆっくり深い呼吸〉の”ヨガの「完全呼吸法」”の実践を
していきましょう。

もう3月に入りましたね。
 春の陽気のように、氣持ちのよい呼吸をして、元氣になりましょう!


豆澤 慎司





 

前のページ          次のページ