新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ


【ヨガ】ハタヨガは、『腸活』のための運動といってもいい!

健康人でいられるか?病人になってしまうか?を大きく左右するのは、内臓(腸)が元氣か
どうかにかかっているといっても過言ではないでしょう。しかし私たちは、自分の腸の働きを
よく知っているのでしょうか?

 この半世紀で、我が国の「大腸ガン」の患者は10倍に膨れ上がったと言います。飽食の
時代になり、好きな食べ物を自由に食べれる。こんな幸せな国は、そうはありません。だから
こそ、自己管理(食事のコントロール)がとても重要になってくるのです。
 病氣になる前に「腸」を意識して、大事にすることが必要です。欲張ってしまわず、腸の
状態を健康に整えるということが、いつまでも若さを保ち、元氣でいられる(アンチエイジング)
のです。
 いいですか。身体を無視するのが「心」であり、身体(体調)のことを教えてくれるのが「腸」
なのですよ。


 一般的に、ハタヨガは体を柔軟にするというイメージがありますが、実践をすると、必ず内臓
系に刺激を与えていることが分かります。外見ばかり氣にしていては、氣づきませんが・・・。
ですから、特に「腸」への刺激により、内臓の働きを強化していくことができます。
  ヨガの「完全呼吸法」により、意識的にお腹や胸を収縮させるだけでも「腸」に効果があります。
リラックスをする場合、力を入れながら呼吸をしていきませんが、しっかり「腸」が大きく動いて
いる感覚を意識して、集中して行いましょう。

 さて、ハタヨガの指導をしている中、受けている皆さんが一番きつい!と感じていることは、
「腹筋」の運動系や腹筋力が伴うポーズでしょう。すごく”腹筋力”が弱いということが目立ちます。
転倒防止のためには、下半身の筋力が大事なように、「腸」のためには、腹筋がとても大事です。
実際、腹筋がなければ、排便の際、いきむことができなくなります。決してムキムキにお腹の
筋肉を鍛える必要は(「腸」の健康のためには)ありません。人間は誰しも年齢と共に、筋肉が
衰えてきます。特に高齢になればなるほど、弱くなっていきますが、「仕方がない・・・」と諦め
ムードにならず、鍛えて、維持していく必要があるのです。

 ハタヨガのポーズやお腹の運動で、腸に刺激を与えるのと同時に、腹筋を鍛えることが、
健康のためには最優先の運動であります。
 ハタヨガのレッスンの中で、実践している腹筋運動の中から、一部ご紹介いたします。

【腹筋(特に腹直筋)を鍛える運動のご紹介】
 ハタヨガのポーズとしては、
  ①ボート
  ②Vの字バランス
  ③両足を角度を変えて上下させる
  ④上体起こしバンダ            など

 腹筋運動としては、
  ①養生トレーニング法
  ②起き上がり
  ③片(両)脚旋回 
  ④ボートこぎ                 など


  1日にどれか3~5セット行うだけでいいのです。自由に組み合わせてもいいのです。
普段、実践しているヨガのプログラムに合わせて行うと良いでしょう。毎日続ければ、
腹筋がついていくことが、いつも行っているポーズによって、実感していくことでしょう。今まで
できなかったポーズができるようになったというのは、腹筋力がついてきたからと言えます。
嫌な(きつい)ことは敬遠しがちですが、実践しているハタヨガのポーズの幅も広がり、
さらに楽しくできるようになることでしょう。
 
 腹筋がつけば、姿勢も正しくなり、呼吸も変わり、血行も良くなり、視界が開け、氣の通りも
良くなり、便秘もなくなり・・・と良いことづくしですね。

 現代は、就活に始まり、〇〇活という言葉が多いですね。「婚活」ですか?「終活」ですか?
いやいや、今は「腸活」でしょ!!皆さん、頑張っていきましょう!


ヨガ担当
豆澤 慎司




前のページ          次のページ