新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ


【ヨガ】「仙骨活氣手技法」を実践しよう!

古代中国において、経穴(ツボ)が発見され、現代ではWHO

(世界保健機関)が定める経穴の数は、361存在します。

  全身のツボの位置や名前を覚えるとなると大変なことですが、

実は内臓系のツボは、背中(背骨周辺)に集中しているのです。

  そのため、ハタヨガのような背骨に刺激を与えるような運動を

実践していけば、自然と内臓機能も強化していくことになるのです。



  一般的にツボというのは、「押す」と効果があるというイメージが

あります。ですから背中(特に胸椎辺り)は、手が届かないという

ことから、自ら良くしていきたいと思っても、なかなか難しいものです。

(身体で大事なところは、見えず、手が届かないところなのですね。)

しかし、首(頚椎)や腰(腰椎)のところは、両手を後ろに回して

押して刺激を与えたり、ほぐしたりすることができます。



  さて、皆さんは仙骨(とその周り)には、非常に重要なツボが密集

しているのをご存知ですか?

  大腸兪、関元兪、小腸兪、膀胱兪、中膂兪、白環兪、上髎兪、

次髎、中髎、下髎・会陽等々(位置については、写真参照)ですべて

「足の太陽膀胱経」です。内臓系の不調は必ずと言っていいほど、

この経絡のツボに反応すると言われています。

  臨床としては、大腸疾患、下痢、便秘、泌尿器系・生殖器系・

婦人科系等の疾患、直腸炎、リウマチ、腰痛、坐骨神経痛などと

多くの病気に対して、効果があるとされます。生命の根本の不調を

改善していき、「自己免疫力」も向上させるのです。 

   

  ところで仙骨とは、、脊椎下部にある三角形の骨(5つの椎骨)で、

骨盤の後壁の部分にあたります。この辺りでしたら、自分で両手を

後ろに回し、刺激を与えたり、筋肉等をほぐすことができるでしょう。

ここの場所をヨガで言うと、下から2番目の「チャクラ」の位置にも

あたります。

  ですから、ご自分で体調を整えるために「仙骨(とその周り)」の

ツボを両手を使い、刺激等を与え、元氣になりましょう。



  さぁ、それでは一緒に「仙骨活氣手技法」をいたしましょう。

簡単ですので覚えて、毎日実践いたしましょう!

  

     『仙骨活氣手技法』



【体位】

 立って行いましょう。

 腰に力が入らないように自然に立ちましょう(腰幅に立つ)。



【簡易な方法を〈5つ〉紹介いたします】

①お腹を前に少し突き出すようにして、両手、親指で仙骨の上から

  下へ順に(a.背骨から左右に少し離した部分、b.背骨から左右に

  広めに離した部分)吐きながら、やや強めに押していく。

②各々、拳を作り、上下にグリグリと手首を動かしながら押して滑ら

  せていく。強さは、「痛氣持ちいいなぁ」という程度の刺激を与える。

③拳で仙骨全体を、軽くトントンとたたく。(20~30秒)

④お腹を前に少し突き出すようにして、左右に腰をスイングしながら、

  右にひねる時には、左の親指で押す(反対も同様)。

  a.仙骨の上部から下部へ(背骨から左右に少し離した部分)順に

   吐きながら、やや強めに押していく。

  b.仙骨の上部から下部へ(背骨から左右に広めに離した部分)

   順に吐きながら、やや強めに押していく。

⑤両手、手のひらを上下に動かしながら、仙骨の部分が温かくなる

  まで摩る。さらに仙骨の周りの筋肉(大殿筋や仙腸靭帯など)を

  緩めるように、(左右)指先で押しながら、ほぐしていきましょう。

  ※仙腸靭帯は骨盤の内側等にありますから、仙骨を圧していく

   ようにしていきましょう。



 もし、手に力が入らない、または弱い場合には、仰向けになり、

固めの枕などを仙骨の下に置き、刺激を与えていきましょう。





写真 ①「鍼灸穴位解剖図譜」山東人民出版社より

    ②「経穴マップ」医歯出版株式会社より 



豆澤 慎司






【ヨガ】意識した『呼吸』の大切さ!

ハタヨガは呼吸が「主」で行います。呼吸法〈プラナ―ヤーマ〉(調氣法、

または調息)を覚え、意識しながら実践していきます。身体に与える効果

として、内臓系の強化や心肺機能の向上などです。マラソン選手のような

肺を強くする(持久力をつける)というより、全身に氣を巡らせます。



 普段は呼吸を意識をしていませんから氣づかないかもしれませんが、

心(感情〈怒、喜、悲、哀、楽〉)によって、呼吸に波が生じます。それは

身体にも影響を与えてしまいます。氣を高めておくためには感情的に

なってはいけません。頭に血が上り、「氣」の無駄使いをしてしまいます。



どうぞ意識をして、ゆっくり深い呼吸をしていきましょう。究極の方法として、

細く長い(まるで息をしているかいないかわからないような)呼吸をしていきま

しょう。そうした呼吸を繰り返していくことで、心に作用し感情的にならず、

平常心を保ち、落ち着いた状態になります。



写真「人生、安全な平坦なヨガマットの上ばかりではありません」



豆澤 慎司





ハッピーバレンタイン!

ハッピーバレンタイン!
トレーニングジムに甘い罠
イベントなので、たまにはいいと思います(笑)
疲れたカラダにぜひ(^o^)/

※明日までですよー!

【トレーナー】新しいトレーナーが登録されました!

お久しぶりです(^○^)

モンキージムからのお知らせです☆

この度、モンキージムに新しいパーソナルトレーナーが登録されました!

津橋雅祥(つはしまさよし)君です!(^^)!

初代蹴拳ムエタイスーパーフェザー級王者で現役バリバリのキックボクサーです(^^♪

気さくで人見知りしない、とても明るいトレーナーなので、ジムで見かけたら是非、話掛けちゃってください☆








【ヨガ】「ヨガ実践では、たった1回の動作でも、全身を意識してポーズを行うこと」

ハタヨガは、全身を意識して身体のある部分を「呼吸」により、しっかり刺激を

与えていくよう実践するべきです。もちろん、予備運動等も同様に、手を抜かず、

氣を緩めず行いましょう。いい加減にやってしまえば、何回やっても効果がない

ばかりか、かえって怪我のもとです。同じ動きを、時間をかけて何回でも出来る

のなら良いですが、限られた時間の中ですから、いかに効率よく身体に刺激を

与えていくかを考えれば、同じ動きは1~2回位しか出来ないでしょう。



たとえば「首」の運動をしたとします。上下左右、またはねじったり、回したり

という動きですが、どう意識して行っていますか?



①ある方向へ伸ばすという動作により、伸びているところに意識がいきますね。

②伸びているということは、拮抗した筋肉は縮んでいるでしょう。(実際には、

細胞が伸縮しているわけではありませんが・・・。)そこにも意識していきます。

③さらに肩は首の動きと反対方向へ引っ張っています。見た目では動いていま

せんが、引っ張り合っている筋にも意識します。

④身体の動きは「臍下丹田」からです。首の運動でも、実際には丹田の位置から

上半身と下半身が逆に動き(実際には保っている)、肩も上半身と同様に動き、

首が反対に動いています。ですから、実際に動いて見えるのは「首」だけです。



全身に意識がいきましたね。



⑤さらに「呼吸」に伴って、動かしていくことが大事です。呼吸が苦しかったり、

「きつい!」と感じるまで動かさなくてもいいのです。特に首の運動は、力を使わず、

頭の重みを感じながら、動かしていくようにいたしましょう。



なお、「眼」は顔の向いている方向へ動かします。そして全身を意識して動かし

ていけば、終わった後、手先足先も温まり、充実度は高まります。



こうしたハタヨガ実践による氣づきが、「歩き方」や「自転車に乗る」など、日常の

行動にも意識的動作になり、違い(疲れない体、歪まない姿勢、腰痛にならない等)

が出てくるのです。



写真「片足でバランスをとる」



豆澤 慎司

前のページ          次のページ