新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ


【ヨガ】 「身体を動かす~始めと終わり~」

ハタヨガは、身体を動かして行います。単にアサナ(ポーズ)が

上手になることが目的ではありませんから、始める前や終わった

後の部分の氣構え、心構え、そして体構えも大切です。始めの前は、

より(ハタヨガ)運動をしやすくさせること、そして終わった後もスッキリ

と浄化させ、ヨガによる効果を持続させることが大事なのです。



  通常、ヨガレッスンでは始まる前、予備運動はしていきますが、

全身をしっかりとほぐすまでの時間がほとんどありませんから、

各自でも

①指先やつま先など末端部分の刺激(脳の活性化)、

②全身に“氣”を流すイメージをして氣を高めておく、

③血液の集まる部分(お腹、ふくらはぎ、上背部など)を揉んだり、

  動かして刺激を与え、全身の血流を良くしておきましょう。



終わった後は、

①すぐのシャワーや食事、他の激しい運動は避けます。せっかく

  副交感神経が整い、働いているのですから、保たせましょう。

②リンパの流れに沿って皮膚表面をさすり、すっきりさせます。

  より肌がきれいになります。ヨガは浄化運動です。体内の毒素を

  しっかり出す効果があります。それをさらに促すようにいたし

  ましょう。リンパ(液)は、老廃物を運搬するという働きがありますが、

  血液とは違い、一方通行(戻りだけ)です。リンパの動きは、

a.運動(筋肉の動き)によって、またb.自律神経の働きによって

自動的に収縮されます。ですから運動不足や自律神経系が

乱れると正常に機能しなくなります。そのため、体内に毒素が

溜まって、体が重い、だるい、疲れる、肌が荒れるなどといった

症状が表れてしまうのです。



体に与える影響も考えて、ハタヨガの前後にも氣を配るように

いたしましょう。



写真 「我、入静(京都:神護寺境内)」

豆澤 慎司

【ヨガ】 「ハタヨガで病氣を克服する」

 私たち人間の心身の病氣は、すべて〈脳(心)〉が引き起こします。

「心」が隠そうとする本当の病氣は、その隠そうとしている「心」その

ものであります。

 私たちは病氣になると、「なぜ、自分の体は病氣になったんだ!」と

身体を責めてしまいます。しかし、実際には心身の慢性的な病氣(また

は怪我)は、「心」が引き起こしているのです。



その原因としては、

①ストレス

②精神的ショック

③感情(悲、怒、恐、驚、憂など)

④欲張る

⑤誤った生活習慣

⑥~しすぎ(または不足)

⑦好き嫌い

⑧うっかりミス

⑨人為的事故

⑩不安、否定的、または消極的思考など。



 以上のように、様々な心の原因で病氣などになってしまったのにも

関わらず、「心」は自分のせいだと認めず、誰かのせいにしたがります。

さらに、してしまった過ちを隠そうとします。私たちの脳(心)は内臓

(五臓六腑)の“主”であります。

 心が勝手に動いて病氣にならないように、ハタヨガの実践で心の

働きを抑えていきましょう。


写真 「長寿になるための秘訣」

豆澤 慎司


【ヨガ】 「ハタヨガは、呼吸が“主”である」

普段の呼吸は、意識をせずに行っています。「無意識」に呼吸を

している(不随性呼吸中枢(脳内))ということです。また、「さぁ、体を

動かそう!」とか、「スポーツ(レクリエーションや趣味なども)をしよう!」

と言った時、「呼吸をしよう!!」とまで、意識をしていないでしょう。

  しかしハタヨガを行う場合は、(意識的に「運動神経系」によって、)

呼吸をしながら実践していきます。



①「呼吸に伴って、身体を動かす」 → (心の働きで動かすのではない!)

身体を呼吸に従わせること。

②「呼吸の波に乗って、体が動く」 → しっかりとした呼吸をしなければ、

伸びたり緩んだり身体が動かない。

③「呼吸が身体に刺激を与える」 → その形(ポーズ)よりも、呼吸を

しっかり行うことによって、直接身体に刺激を与えるのです。



   ポーズ中、力で動かし、頑張れば頑張るほど体は反発してしまい、

  戻る力が働き、身体は無理をして、限界を超えた状態になってしまいます。

   自分にとって“そこまで”という加減があるのですから、無理をしては

  いけません。ハタヨガの(私の)レッスンでは、いろいろなポーズを一つひとつ

  実践していきますが、一つのポーズは概ね(ゆっくり数えて)10カウント位です。

  時間にして10秒~15秒位ですから、実際には我慢して息をしなくても

  出来ない時間ではありません。しかし(もちろんバンダという方法〈締め

  付け〉をする場合もありますが)、それで柔軟性が高まるわけではあり

  ませんから、ゆっくり深い呼吸を行いながら、進めていきましょう。もう少し

  長めに保つのも (ポーズの時間をもっと長くさせて保持させることによって、)

  効果が、より高まります。

   もし長めの時間になるとキツイとか、苦しい、またはうまくできないというのは、

  身体的に無理をして行っている証拠です。呼吸に意識を戻しましょう。



どうぞ、身体の刺激を与える部分(呼吸器系や内臓系など)は力を抜いて、

しっかり呼吸をしていき、(意識をした呼吸によって、)刺激を与えていきましょう。



写真 「スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ生誕150周年記念祝賀会に参加 」

豆澤 慎司




ハタヨガ実践の進め方

アサナ(ポーズ)は、自分にとって“ピタッ”と当てはまるところに
持っていき、呼吸によって刺激を与えて、感じていくことが大事です。
 それは“痛い”でも“氣持ちいい”でもなく、“痛氣もちいい”ところです。
 自分にとって「痛氣もちいい!」と感じるところでポーズを保持しましょう。
人によってそのポイントが違いますから、必ずしも同じ形にはなりません。
完成までのイメージを持ちながら、その過程で、どこか「ピタッ」と
当てはまる部分があり、「ああ、この形が痛氣持ちいい部分だ!」と分かるはずです。
そこ(「可動域の限界」というような状態)までとして、その状態のまま、呼吸によって刺激を与えていきましょう。

※決して、「心」の限界の手前で止めないことです。身体に刺激を与えているわけですから、体に耳を傾けて答えを出しましょう。

さらにリラクゼーションを味わうために、(レッスン中は)頭の中で何か考えたり、
一つひとつポーズの後に「できた」とか「できなかった」など思わないことです。
心が揺らいでいては、リラックスすることは絶対にできませんから、是非(集中していき)「スッ~」と氣持ちを切り替えていきましょう。
そしてゆっくり深い呼吸をして、“リラックス”していきましょう。


写真 「バナナの葉っぱを皿にして頂く(南インド) 」


ヨガ担当
豆澤 慎司


前のページ          次のページ