新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ


【ヨガ】  「心身の病氣は、すべて〈脳(心)〉が引き起こす」

「心」が隠そうとする本当の病氣は、その隠そうとしている「心」そのものであります。

  私たちは病氣になると、「なぜ、自分の体は病氣になったんだ!」と身体を責めてしまいます。

 しかし、実際には心身の慢性的な病氣(または怪我)は、「心」が引き起こしているのです。

その原因としては、

  ①ストレス

  ②精神的ショック

  ③感情(悲、怒、恐、驚、憂など)

  ④欲張る

  ⑤誤った生活習慣

  ⑥~しすぎ(または不足)

  ⑦好き嫌い

  ⑧うっかりミス

  ⑨人為的事故

  ⑩不安、否定的、または消極的思考など。



以上のように、様々な心の原因で病氣などになってしまったのにも関わらず、「心」は自分の 

せいだと認めず、誰かのせいにしたがります。また、してしまった過ちを隠そうとします。

  私たちの脳(心)は内臓(五臓六腑)の“主”であります。心が勝手に動いて病氣にならないように、

ハタヨガ、 または気功の実践で心の働きを抑えていきましょう。
   
写真 「少林寺秘伝三大動功の一つを演武(嵩山少林寺にて)」

豆澤 慎司


【ヨガ】 「新レッスン『自律神経改善ヨガ』を開催いたします!

皆さん、こんにちは!
  ヨガを指導しております豆澤です。
  この度、新しいレッスンを2018年1月より、開催いたします。
  ※生活の乱れや仕事、人間関係によるストレスなど、しっかり取り除いて、
    次の日の朝はスッキリしていただくレッスンです。

   ◆毎週 火曜日 午後8時45分~午後9時45分です。
      (※なお、新規レッスン「少林寺気功ヨガ」は、午後7時30分~午後8時30分までです。)

  【内容】

 皆さんは、充実した生活を送っていますか?仕事や人間関係などで疲れていませんか?

ストレスを抱えてしまえば、自律神経に影響を与えます。自律神経が乱れるには、いくつか

原因があります。体質や性格、素質などのタイプ、そして生活リズムの乱れ、身体的な原因

や精神的な原因が挙げられます。

 重要なのは「生活改善」です。このヨガレッスンで、心身ともにスッキリとなり、これを

覚えてしまえば自宅でもスッキリ。継続して実践していけば、自律神経が整い、さらに

ホルモン、免疫系などを介して内臓の働きも良くしていきます。

 気が付けば、明るく、楽しく、そして人生がプラスに変わっていきます。一石二鳥どころか

一石三鳥・・四鳥・・となるヨガレッスンです。

豆澤 慎司

【ヨガ】 「丹田君が動き出す!」運動

【“丹田君”の必要性】

皆さんは、操り人形を使ったショ-などを観たことがありますか?人形の頭、

手や足に糸が着いており、上からその糸を操りながら、人形を動かして、様々な

表現をさせています。しかし、たくさんの糸が着いているわけではありませんから、

その人形の動きは単純です。

さて、私たちの身体は、脳からの命令(運動神経)により、動かしています。

脳は頭にありますから、上から自分の身体を見ているようですが、それはまるで

操り人形のように、上から自分を見て動かしているかのようです。そしてその動きは

手足だけの動きといった単純なもので、全く操り人形の動きと変わりません。

本来であれば、精密に動く身体でありますが、だんだん歳を重ねるとおっくうに

なって、「楽」をしたがり、「便利」なものを選択してしまいます。特に動かさない

腰回りは、どんどん筋力が低下し、衰えしまいます。本人にとっては生活に支障がなく、

楽ですが、手足だけに頼ってばかりではいけません。

我が国も急速に高齢社会になり、下半身の筋力低下など身体機能が衰えてしまって

いる人が多くなっています。私たち日本人は、日常生活において、布団の上げ下げも

しなくなり、ちょっとした運動をする機会も減ってしまいました。どうでしょう?

多くの人が無意識に「よっこいしょ」とか、「どっこいしょ」と言って、手足に

頼って身体を動かしているのです。

(あなたはどうですか?)これでは、先に述べた操り人形と同じです。



さあ、皆さん、どうしたら良いのでしょうか?



【丹田君とは何か?】

皆さんは、“丹田”とは何か知っていますか?また意識して身体を動かしていま

すか?実際に聞いたこともなければ、意識することもできませんが、中国(武術)

などでも上丹田(眉間)、中丹田(胸のところ)、下丹田(お腹・臍下奥のあたり)

と分けますが、ここで言う丹田とは、下丹田のことです。身体の中心であるこの

位置(真後ろには仙骨)から、身体を動かしていくこと(まずお腹や腰が動くと

いうこと)が重要なことです。

私たちは誰でも、自分とはその等身大であると考えます。そのため、使いやすい

部分(手足)が先に動いてしまいます。しかし丹田に小さな人間(それが本当の

自分なのだ!)がいて、あくまでも等身大であるこの姿は、丹田にいる自分の投影に

すぎないとしたら・・。



【まず丹田から動かせ!】

お分かりましたか?丹田君とは、小さな本当の自分です。その自分をまず意識して

身体を動かしていくのです。自然と正しい姿勢になり、体幹も鍛えられるのです。

全国に腰痛で悩んでいる人もたくさんいます。しっかり腰から動かすことを意識して

身体を動かせば、腰痛は軽減されることでしょう。さらに内臓全体に刺激を与える

ので、消化器系、泌尿器系や生殖器系も強化されます。内蔵脂肪も減って、

ダイエットだけでなく、慢性的な病気に罹らなくなることでしょう。



【さあ、一緒にやってみよう!】

それでは、一緒に「丹田君が動き出す!」運動をしてみましょう。いろいろな

動きをしていきますが、丹田の位置に小さな自分がいるとイメージして動かしていく

ことがポイントです。決して正しい動きというのはありませんから、あまり考えず、

自由に楽しく動いてみましょう。

 実際にしてみると分かりますが、肛門は締めつけられ、下半身も強化されます。



【「丹田君が動き出す!」運動~30の動き~】

一.基本パターン

 ①(座った状態から)立つ

 ②(立った状態から)座る

 ③歩く

 ④走る

 ⑤(仰向けから)起き上がる ・・他、全部で30通りあります。





写真①~④ 「(座った状態から)立つ(シークエンス)」



ヨガ担当     豆澤 慎司

















【ヨガ】  「ハタヨガは“実践”である」

ここでは60分間のハタヨガ(リラックスヨガなど)を実践しています。

  さて、皆さんはヨガが終わった時、身体に何か変化はありましたか?

 最後は効果として「心身の浄化」や、「リラクゼーション」を味わっていますか?



 健康になるために実践しているわけですから、漫然としてしまってはいけません。

身体に感じることとしての目安は、次の6つあります。

①疲れやだるさ、また不快感を残さず、氣持ちよく行えたと実感している。

 ※頑張ってやりすぎないこと。求め過ぎないことです。

②姿勢が良くなるので、身体が軽くなり、むくみが取れる。

 ※バランスよく、反対運動も行うこと。

③お腹が空いて何を食べても美味しいと感じる。

 ※美食、大食にならなくて済む。粗食で体は満足する。

④その日はぐっすり眠れる。

 ※終わってすぐに刺激を与えないこと。眠るまでリズムを崩さないこと。

⑤不安やストレスが解消される。積極的思考で受け入れられる。

 ※頭で行わないこと。集中して行わないと、かえって貯まってしまう。

⑥腸の働きがよくなり、排泄もスムーズになる。

 ※食べるより出すほうを意識した生活を心がけること。



 ハタヨガの実践中、または終了後も、身体に意識を持っていき、観察してみましょう。

 写真「武術学校にて~少林寺~」


豆澤 慎司




前のページ          次のページ