新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ


【ヨガ】素晴らしい“気づき”の体験ですから、諦めずに継続していきましょう!

皆様、本年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

物事を継続させていくことは、なかなか難しいことです。毎日は大変忙しいものです。
どんなにやりたいこと、または好きなことであっても、仕事や家庭の事情で出来ない場合もあります。

しかし、できないことに、また続けられないことに『ストレス』を感じてはいけません。
その時のすべきことをしっかりすることが大事ですから、それもヨガの一つ“カルマヨガ”だと思って実行していくべきです。

ただ心の気まぐれで実践したり、休んだりしてはいけません。(※カルマヨガとは奉仕のヨガ。「日常の行動は全て修行である」と言う考え方であり、自己顕示をしない事や、利益や見返りなどを求めない奉仕の気持ちを持って善行に励む事、という意味があります。)

運動による身体の変化は、通常、長期(2~3ヶ月)的に継続して、初めて変化として表れてくるものです。
なお、せっかく向上させた身体機能や鍛えた筋肉も、2週間何もしていなかったら、元に戻ってしまうのです。

毎回、同じこと(運動)をしても、自分自身が常に変化(コンディションが変わる)していますから、ヨガのポーズで刺激を与えながら、様々な気づきも感じられることでしょう。

その気づきを忘れずに、日常生活の中で修正等を行い、心身に染みこませていくことが大事なのです。

ヨガの誘導や説明の理解及びヨガの実践(呼吸に伴って身体を動かして刺激を与えていくこと)により、心身の変化が表れ、徐々にヨガが少しずつできるようになるのです。

さぁ、諦めずに実践していきましょう。

頭にこびりついた消極的な気持ちを捨てて、忍耐力、努力、そして気力を持って行っていきましょう!

写真「綺麗な夕焼けと思ったら、人骨のような雲でした!?」

【ヨガ】呼吸の性質と心身との関係

呼吸とは、意識をすればするほど、“ゆっくり深く”になっていきます。

さらに吐くほうに意識をして、ゆっくり吐いていけば、自然と力が抜けていきます。

一つの氣づきから、心身の変化【チェンジ】させることは可能です。そして心の転換【トランスフーメーション】させましょう。

私のハタヨガ教室では、何度も「呼吸に意識して!」と言います。なぜかと言うと、意識的な呼吸をすれば、必ず“ゆっくり”に、そしてだんだん“深く”なっていきますと、落ち着いた心で刺激を与えることができますから。

さらにリラックス(ゆるりと、のんびりと、スッキリと、爽やかと・・)するためには、吐くほうに意識していくことです。そうすれば自然と無駄な力が抜けて、緊張した筋肉が弛緩していくのが分かります。

まずはあれこれ考えず、実践しましょう。そして感じることです。そうすれば何か分かります。
氣づきは一つの進歩です。さらに少しでも良くしていこうと

行動すれば、変化が生まれます。 その先にあるのが、揺るぎない心を作ることができる状態(転換)なのです。


写真「呼吸は無料である。どんなに吸って吐いてもお金は取られない。」

豆澤


【ヨガ】ハタヨガ実践中の心得

①外見よりも刺激を感じていきましょう。

「できた」とか、「できない」などと、いちいち思い浮かべないこと。

②周りを氣にせず、我に戻らず、最後まで通して行いましょう。

「あの人は上手だ」、「自分は硬いなぁ」なんてことを考えないこと。

③思考を止め、体を観察し、身体の変化を感じていきましょう。

気血の巡りや体温の変化など、ただ今の自分(身体)を見つめること。

④心の中で、マイナス的な働きを無くしていきましょう。

思いはいずれ「言葉」となり、「行動」として表れて、体が反応してしまう。

⑤「氣」を意識し、目覚めさせ、自分のものとさせましょう

先人の智慧を学び、氣を感じて自然と一体となり、己をコントロールさせること。


写真「雨にも負けず、風にも負けず一年中、裸足です」

豆澤



【ヨガ】人生を謳歌させるために 

長い人生の中で、今、何に力を入れるか? 何に力を抜くか?

人生の時期によって、意識することを変えていくことが必要です。

人生は長いもの。しかし誰でも若い時から、だんだん年老いていくものです。
決して同じ自分はいないのです。まず若い時期(青年期)

は新陳代謝が活発でストレスや疲れを貯めず、多少の無理がききます。
ですから一生懸命努力をして、自己を高めなければなりません【能力開発】。

続く中年の時期になれば、仕事などを充実に、日々、それまで積み上げてきたものを、精一杯発揮させましょう【自己確立】。

高齢の時期は、心身の健康を第一にし、生活リズムを改めて、人生を謳歌していきましょう【心身統一】。

さぁ、今、何に力を入れるか?何に力を抜くか?ハタヨガや少林寺気功の実践により、調整と修正を図りましょう。

写真「冬の旬の金柑を頂きました!甘さたっぷりです」

豆澤



前のページ          次のページ