新宿御苑四谷トレーニングジム-フィットネスクラブ-スポーツクラブ-24時間-安い-美容-ダイエット-ヨガ

03-6380-5906

東京都新宿区新宿1-4-13 溝呂木第2ビル 2F
(新宿御苑前駅2番出口 目の前)
24時間営業 入会体験受付時間 朝10時~夜8時
QRコード

フィットネスクラブ モンキージム > スタッフブログ


【ヨガ】『晴れて「少林寺高級気功師」授与』

この度、少林寺高級気功師となりました。ヨガと共にますます精進していきますので、これからも、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

写真

①秦西平先生とご一緒に



②資格証書



ハタヨガ・気功担当 豆澤


【ヨガ】「素晴らしき一期一会に感謝を込めて」

皆さん、こんにちは!
ハタヨガと気功の指導をさせて頂いている豆澤慎司です。

各レッスンでは、学校の先生が一つひとつ出来るように“教える(teach)”と言うより、
毎回受けて頂いた一人ひとりが元氣になり、リラクゼーションを味わってもらえるように“導く(coach)”を意識しています。
そして私の「氣」の誘導により、暗闇に明かりを灯して、行き先を導くようにしています。

そのためには、普段から自分自身の氣を常に充電(充満)させておき、その日のレッスンする会場、どんな方々が受けるのかの察知、季節、その日の気温、時間帯等、様々なことを考慮して、すべき時間の中でプログラムを組み立て、“導く”のです。

各レッスンは、初めての方だけでなく、毎回受けて頂いている方々とも一期一会です。
常に体は変化をして同じ自分がいないように、誰もが変化していて、いつも同じ(その方)
ではありませんから。

この10年を振り返ってみても、約6,000回(主にハタヨガの)レッスンを指導させて頂いていますが、自分自身が皆様に対して、毎回満足に出来たかと言うと、まだまだだと思っております。
今後も、さらに自分を磨き、理念を曲げずに、この素晴らしき一期一会に感謝して、努めていきたいと思います。

日本人は、どんなに良いものでも、素晴らしいものでも、必要で大事なものでも…、ブームが過ぎて離れてしまうと見向きもしません。
とても残念なことです。
また飽きてしまえば、何か新しいことを始めて、何でも中途半端です。
本物に気づき、自分にとって「良いものはこれだ!」と感じたら、続けて自分のものにしなければなりません。
飽きずに続けること、「継続は力なり」です。


桜も満開ですね。誰にとっても新しいスタートです。
これからも、益々精進して頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

インド政府公認ヨガインストラクター
(ハピコロヨガ考案者)
少林寺高級気功師 
(中国政府認定中医師)
      
ハタヨガ・気功担当 豆澤



【ヨガ】「春の少林寺気功武術祭り」無事終了いたしました!

去る3月21日(木)、新宿区内において「春の少林寺気功武術祭り」が開催されました。

猿拳、鷹拳、少林寺柔拳、少林寺内功拳その他、多くの演武を披露させて頂きました!
午後は、秦西平先生の講演(座禅による心のトレーニング)の話があり、とてもためになりました。

たくさんの来場者もあり、大変賑わいました。参加した皆様、お疲れ様でした✨

写真
①「少林寺柔拳」



②③演武終了後のひととき





④秦先生より、賞状授与



⑤参加者全員の集合写真(撮影者 私)

【ヨガ】「腸活浄化運動法」を実践しよう!

皆さん、健康を意識して生活していますか?
食生活も気にしていますか?

食べるより、出す習慣を持つことが大切です。
日本人は大腸ガンになる人が多く(特に女性は男性より多く、乳ガンに続く第二位です)、腸の改善をしなければならない人がたくさんいらっしゃいます。

私たちは毎日、お風呂に入って体の表面はきれいにしますが、体の中の表面をきれいにしようとする人はほとんどいません。
本当に健康になりたければ、“中の表面(腸壁)”をきれいにしなければならないのです。

普段、労働(仕事、家事など)や運動(体操、ダンス、スポーツなど)をしている方も、ほとんどお腹が動いていない状態です。
意識をしてお腹を動かさなければなりません。
※食べてばかりで、後は知らんぷりではいけません。

さぁ、一緒に「腸活浄化運動法」を実践しましょう。

【ポイントは3つ】
①入れない(食べるより、出す)
②流す(水分を取る)
③刺激(腸活浄化運動法を実践する)

【方法】
①空腹時(一食抜くつもりで、実践すると良い)に行う。
②(この運動の前後に)ぬるま湯をコップ1~2杯飲む。
③「腸活浄化運動法」を実践する。
(以下、写真参考)

a.樫の木のポーズ(腰幅)でお腹を伸ばし、お腹で3呼吸。(3回)



b.揺れる樫の木のポーズ(肩幅)で、左右に揺れる。息を吐いて伸ばし、吸いながら戻す。(各3回)



c.回転樫の木のポーズ(肩幅より広く)で、上半身を大きく回転させる。
吸い ながら上げていき、吐きながら下げていく。(各3回)

d.立ちねじりのポーズを行う。
左手を右の肩に、右手を後ろに回して腰の上に、吐きながらねじる。吸いながら、戻す。反対も行う。(各3回)



e.コブラのポーズでねじる。
腕は伸ばした状態で、両踵をつけ、爪先立ちにして行う。吐きながらねじる。吸いながら、戻す。(左右、各3回)



f.(立ち)ウッディヤナ・バンダを行う。
前屈みになり、(息を吐ききり)3点の締め付け(喉、お腹、肛門)を行う。(3回)

g.(立ち)アグニサーラクリヤ(お腹ペコペコ)を行う。(3回)

なお、回数は目安なので、多いほど効果が高まるでしょう。

~ながらで行うのではなく、お腹を意識して、実践しましょう!

皆さん、毎日実践して、丈夫な内臓を保ち、健康になりましょう!

豆澤慎司HP
http://hapikoroyoga.world.coocan.jp も、どうぞ、併せてご覧くださいませ。

豆澤

【ヨガ】インド政府(AYUSH省)より、ヨガインストラクターの称号を授与

この度、「(第6回)インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定」に合格いたしました!
引き続き、一人ひとりに「氣」を届けられるよう邁進していきます。
どうぞよろしくお願いします。

【プロフェッショナルヨガ検定とは】

2015年、インド政府が国連に呼びかけ、世界177カ国がすでに調印をした「国際ヨガの日」。

プロフェッショナルなヨガの知識を持つ、ヨガインストラクターの必要性は、インド国内のみならず国際的なレベルでも高まっている時代になりました。

ヨガ発祥の地であるインドには、AYUSH省というヨガを含む伝統療法を管轄する政府組織があります。
そのAYUSH省が、世界中に様々な形で広がるヨガの品質を保つ為、品質管理を専門とする政府組織であるQCI(Quality Council of India)とタッグを組み、制定したのが「プロフェッショナルヨガ検定」です。

よりよい生活(Quality of Life)を手に入れる為、世界中で多くの人がヨガを実践しています。
その方達には、ヨガを適切に指導してくれる信頼出来るヨガプロフェッショナルが必要です。
そういったプロフェッショナルな方々を世の中により多く送りだしたいという思いからこの資格は始まりました。

試験に合格された方には、伝統的なヨガ哲学と知恵を持つと認められた方だけに発行されるAYUSH省のロゴも付いた「ヨガプロフェッショナル」の認定証が発行され、インド政府のウェブサイトにお名前が掲載されます。

ヨガ業界も注目するこのヨガプロフェッショナル検定とは、その名前の通り、ヨガプロフェッショナルとしての能力を正当に認証および証明する事を目的とした資格です。



ハタヨガ・気功担当 豆澤
前のページ          次のページ